インド一人旅日記①

家の片付けをしていたら、2015年12月末にインドに一人旅をした時の日記が出てきました。

当時は39歳。仕事でも満足のいく実績を残せて、チームのメンバーとも楽しく働いていて、それなのに突然右手が上がらなくなってしまった。

「四十肩か!」とか笑ってたけど、今ならその理由が分かります。長年身体と心を酷使し続けた事でストレスが蓄積していたんです。

インドへの一人旅は、自分自身が何者で、これからどこへ向かうのか、自分の「ありのまま」を見つけに行く旅でした。

後輩世代達が今同じような気持ちで生きているのかな?なんて思い、日記の抜粋を連載してみようと思います。

途中でかなりのスピリチュアルストーリー出てきますので、嫌いな人は読まないでね 笑。決して無理矢理仲間に引き入れたり、壺を売りつけたりしませんからー。

↓日記です

151226 快晴 成田

Shanti Houseを立ち上げ、共同代表を要請してくれた事、年末年始に9日間の自由を与えてくれたさっちゃんに心から感謝したい。

自分のありのままは、

1.既成概念にとらわれずに新しい価値を創り出す事。

2.常にポジティブであり、仲間を信頼して仲間と共にある事。

3.大局観を忘れない事。

今朝いつものように時間に余裕を持って出発。藤沢駅で成田エクスプレスのチケットを購入しようとしたが、駅員さんが手間取って結局予定していた東海道線に乗り遅れた。

何故か?俺の駅員さんへの注文が複雑だったからだ。定期は鎌倉-東京、藤沢からJRに乗るのに品川からの成田エクスプレスのチケットを買いたがる、、

今こうして無事に到着して、成田空港のラウンジでビールを飲みながら日記を書いている。

「大丈夫、なるようになるんだからさ」おおいなる力がそう言っている気がしてならない。そんな一人旅のスタート。

俺の目にインドがどう映るのか、それを心から楽しみにして、一人旅に送り出してくれたさっちゃんに改めて感謝したい。LINEやり取りしながら涙出てきた…

いざ、天竺へーー!

①終わり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください