サプライズ、創業記念パーティー

7月7日、七夕、ゾロ目でラッキーセブンの日。人生で初めてのサプライズパーティーを開いて頂きました!発案者は僕の妻の幸恵さん。全く気づいていなかったので、本当にびっくりしました。終始涙腺緩みまくり、泣きまくりの有難いパーティーでした。

妻は3ヶ月くらい前から準備をしてくれていたそうで、挨拶では「彼が人生で一番大事に思っているのが仲間だから、こういう形で応援の気持ちを贈りたかった。」と言っていました。

高崎高校ラグビー部の仲間達、東京外大ラグビー部の仲間達、味の素株式会社の仲間達。自分の人生の中で一番コアな仲間です。沢山の方が集まってくれて、都合が悪くて来れなかった人からもお祝いのメッセージをもらったり。本当に人間は「お陰様」で生かしてもらっていますね。

パーティー会場は鎌倉に暮らすキッカケになった「オステリアコマチーナ」。休日のランチという掻き入れどきに、貸切で、どんちゃん騒ぎを許してくれたマスターに感謝です。

実はサプライズ直前にちょっとしたハプニングがあったんです。店の前で高崎高校ラグビー部の友達、前橋に住んでいるはずのタクオが居たんです!

「え?お前なんで鎌倉にいるの?」と僕、
「あ、え?、うーん…。友達と大仏見に来たら道に迷っちゃってさ…」とタクオ。

そのあまりにオドオドした、しどろもどろの会話から、僕は一瞬で「若年性アルツハイマーだ!『明日の記憶』で見た徘徊ってやつだ!」と思いました。だって大仏は長谷駅だから、、鎌倉駅からは歩いたら相当な距離があるんですよ…。胸が張り裂けそうになって、涙をこらえるのに必死でした。

結局、彼はサプライズパーティーの時間に遅れ、絶対にやってはいけない、主賓と鉢合わせをやってしまっただけでした 笑。高校時代からの天然キャラ、僕の中に「ボケても不思議はない」という思い込みもあったんでしょうね。

でも、なんでそんなに涙まで出たのか考えてみたら、高校ラグビー部の面々は16歳から18歳までの3年間、ほぼ365日一緒に生活していたわけで、もう兄弟同然なんですね。大事な兄弟が辛い目に遭っていると思ったら、自分の身体を引き裂かれるような痛みを感じたという事だと思います。

彼だけでなく、人生の時々で出会い、心が通じ合った仲間というのは、もう親族と同じくらい大事な存在。本当は他人なのに、そんなに強い絆が生まれるなんて、生きるって素晴らしいなーと改めて実感しました。皆さんと少しずつしか時間が取れなかったけど、昔話をしたり、お酒を飲み交わしたりする中で、なんだかとても暖かい空気が流れているのを感じました。

妻は数年来ずっと「あなたが眼をキラキラ輝かせて、力を発揮してゆくのが見たい。やりたい事があるなら会社やればいいのに。」と言っていました。それは現実になりました!

これからも起業家として自分の人生を楽しみ、社会に生かされていることに感謝して、創造の喜びを味わって行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください