若者の葛藤とチャレンジ

来年私は45歳になります。人生100年時代のちょうど折り返し地点。上の世代の気持ちも分かるし、下の世代や更に若い息子達の世代の考え方にも触れる事ができます。世の中を俯瞰できて、いい歳頃です 笑。

今日は最近感じる、若者の価値観の変化について。

大学ラグビー部のとある後輩は、新卒で大手商社に入社、20代で海外駐在も経験しました。日本の職場に戻って来た彼は昨年突然、社会人経験10年足らずで会社を卒業。新しいキャリアの為に東欧に飛び立っていきました。

また別な若者、早稲田大学※の後輩達も、新卒で敢えて大手企業を蹴ってベンチャーに就職したり、30代のうちにベンチャーにチャレンジをする事を今から考えていたり、少なくとも20年前の常識とは違う。

※30代前半の頃に1年間、早稲田大学NLP(ネクストリーダープログラム)の社会人プログラムに通ったお陰で、早稲田大学MBA生、大隈塾生、NLP生とのネットワークが続いています。

大企業で仕事のやり方を身につけて、43歳の遅咲きで起業した身としては、やっぱり大企業の安定感は何物にも変えがたい…。ただし、チャレンジとか変化を求めるタイプの場合、自分に自信ができたタイミングで、飛び出したい衝動に駆られるのもよく分かります。

若者の気持ちをヒアリングして気づいたインサイトは、

  • 終身雇用は早晩終わりを告げ、年金も恐らく貰えない。今もらえる給料なんてどうでもよくて、大事なのは将来生き残る為のスキルをなるべく早く身につける事である。嫌な仕事(接待のスケジュール調整、上司に頼まれた社内資料作成)をやっている暇はない。
  • ITの進化が20年前とは比較にならず、デジタルネイティブ世代には大きな変革のチャンスがある。我々には40代、50代とは違う世界が見えているし、チャレンジすれば何かが掴めるかも、新しい世界が開けるかもしれない。

ゆとり世代とか言われてるけど、実はかなりしっかりしてます。新大陸を目指して船を漕ぎ出したヨーロッパ人みたいな感じで頼もしい!

大人には普段は本音を語らないのかも知れないけど、内なる闘志は燃えているし、何よりも真面目に人生を考えています。

真剣に生きる、今できる精一杯をやる。

どの世代にも通じる大切な考え方。だって明日事故にあって亡くなる可能性は、絶対に0にはならないのらだから。

エネルギー全開で毎日行動していたら、人生経験値は自然に溜まっていく。焦らなくても大丈夫、君は必ず成功するよ。だから二度とない時間を真剣に味わってね。

みんな応援してるよ!そしておじさんもエネルギー全開で頑張る💪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください