2018年記、お陰様で素晴らしい一年でした!

かれこれ18年前から続けている「月記」の習慣。仕事やキャリアの事=ビジネスマネジメント、組織内の人間関係の事=対人マネジメント、自分の興味や家族の事=プライベートマネジメント、大きく分けるとその3分野について行動した結果を中心に書いています。

過去、ビジネスマネジメントに自分の労力や時間を7割使っている年もあれば、対人マネジメントに5割ぐらい使っている年もある。毎年そのバランスは変わる訳ですけど、共通して言えるのは、過去18年間はプライベートマネジメントに費やす割合が常に少なかった。良い意味でも悪い意味でも企業人だったという事で…。

そういう意味で今年はいつもとは違う年。多くの時間を起業準備や起業後のスタートダッシュに費やしたけど、それが仕事(ビジネスマネジメント)かと言うとそうも感じない。ずっと興味があったソーシャルビジネス探求は個人的な興味でもあるし、仕事でもある。今一年を振り返ると、プライベート=ビジネス、の一年という表現が合っているように感じます。

 

1月末、直属の上司と本部長に起業の意思を伝えました。大変に驚かれたし、留まるように説得もされましたが、お二人とも昔からの僕を知り理解してくれる方。最後は快く送り出してくれました。本当にこのタイミングでお二人の元で働けたご縁に感謝。

5月、会社の中で退職情報がオープンになり、ちょっと騒然となりました。良い高校・良い大学・良い会社・社内でも順調に出世 笑。自分で言うのもなんですけど、理想的なサラリーマン人生でしたからね。

でも、自分の中では別に唐突な進路変更ではなく、ずっと前から決まっていた事のように感じます。胸の中にあった「いつか組織を興し、その長をやりたい」という想いを行動に移しただけ。行動にはちょっとの勇気が必要でしたけど、それは10年間の生涯を全うした長男からの学びに助けられました。「命は必ず尽きるのだから、やりたい事は先延ばしにしない」

8月、月記の文面に起業の苦悩が現れています。あまり大きな売上が計上できず、固定経費だけが出てゆく状態に焦り、、ピリピリし過ぎて妻や子供達にも当たってしまう…。家族にも心配をかけました。今でこそ複数の案件をお手伝いするようになり、少し安定的な売上が見込めるようになりましたけど、お盆の頃は本当にどうなることかと思った。いつも支えてくれる家族、ビジネスパートナー、お客様に本当に感謝!

11月、鎌倉山に購入した自宅兼事務所のリフォームが完成。昨年末の緊急帰国から一年経ち、漸く妻が心から落ち着ける環境を整える事が出来ました。自分にとっても昼ビール環境が整った事で 笑、100日勝負・全力疾走に一息つき、相変わらず高速ではあるけど定速ペースに落ち着く事が出来ました。

 

モノづくり・マーケティングが大好きな自分が、広くグローバルに、アドバイザー業務や投資サービスを提供する会社を作ってみる。2018年は「人生は壮大な社会実験」という意識が前に動いた年でした。

freebeeという集まりは、ソーシャルビジネス創業とコンサルティングビジネスの両輪を回す会社です。これからも自分自身がfreeなマーケターで在り続け、沢山の仲間達と繋がって、世の中に新しい提案を出し続けて行きます。

来年も月一でfreeFRIDAYを開催してゆきますので、皆さま是非鎌倉までお出かけください。非日常的な大人の遠足は、ビジネスにもプライベートにも活力を与えてくれると思います。それでは今年一年お世話になりました、良いお年を〜!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください