前に進む勇気、決断する覚悟?

昨日は早稲田大学ビジネススクール リーダーシッププログラムの授業にOBとして参加させてもらいました。9年前、34歳の時に自分も参加したこのプログラム。チームで取り組む課題に「俺、社長(役)やりたい!」と立候補したのが、初めて「社長」を口にした瞬間でした。時を越えて今、小さいながらも社長をやっている自分がいて、「想いはいつか現実化する」事を改めて感じます。

以前にAmebaブログにも書いた内容ですが、改めて起業する時の思考と行動をシェアします。もし今キャリアで悩んでいる人がいたら、少しでも参考になればと思って。

起業すると決めた時、自分にとって率直な意見を言ってくれそうな友人・知人・先輩・後輩をランダムにピックアップして、100人リストを作りました。僕はマーケターなので、せっかくの機会に、自身の「大手企業を辞めて起業する!」という選択を題材に社会実験をやってみた感じです。

数ヶ月かけて徐々に暴露していったのですが、ほとんどの人からかなり驚かれましたし、仲間達にとって結構センセーショナルなニュースとなりました。43歳という年齢や、大手企業の海外駐在員という立場もあったから。

周りからの反応は、「賛成」、「反対」、「どちらとも言えない(ノーコメント)」の3つに大きく分けられます。思いつきレベルの段階で相談してしまった人も、起業のアイデアがある程度固まった段階で報告した人もいて、タイミングによって当然反応も違ってくるので、厳密には同条件での回答ではありません。

先ず、賛成票の多くは「僕が起業家に向いてる」「ナカジらしい選択だと思う」「何かやれそうな気がする」という感じのご意見でした。これからも応援してるぞーという気持ちの伝わるメッセージを沢山頂き、とても有り難く、前に踏み出す大きな勇気をもらいました。

反対票は傾向が2つに分かれました。一つは「もったいない」という意見で僕の個人としてのキャリアを案じてくれるものでした。ここまで大手企業の中で頑張ってきて、居場所も確立して、これから益々偉くなってA社を引っ張っていく人材だっただろうにもったいない、そんな感じ。僕だってそう思ってましたよ…。だから何年も足踏みしたわけだし。

もう一つの反対票は、そんなに多くはなかったけど「大きな組織を飛び出して何が出来るのさ?」というもの。直接いう人もいれば、ニュアンスが自然と伝わってきた人もいました。僕、感じる力は結構強いので 笑。「起業という言葉は響きがいいけど、要は中小企業だろ?」という厳しいご意見。

確かに、世の中全体に大きく広がってゆく価値を生み出して行く仕事は、資金面や人材面である程度の規模がないと価値がない(価値が見えない)かもしれません。でもだからこそチャレンジしたいと思いました。反骨精神旺盛なんですかね 笑。

ノーコメント票の多くは、突然突拍子も無い事を言われてうまく考えられていないようでした。「自分だったらそういう選択はしないけと、人の人生に責任は持てないし、でもこれからも幸せに生きて欲しいし…、寂しいし…」みたいな感じ。その節は困らせてしまって本当に失礼しました。

ちなみに、賛成票・反対票・ノーコメント票の割合は、3割・3割・4割(当社推定)。という事は、「人の意見を聞いてから何かを決めるのは理論的には無理」という事です。

1つ言える事は、賛成という形で応援してくれるにしろ、反対という形で諌めてくれるにしろ、どちらとも言えないという形で心配してくれるにしろ、この一連のやり取りの結果、皆さんの僕を想う暖かい気持ちが想像以上に大きかったという事。

俺、愛されてるなあ、有り難いなあと日々感じて、起業に対する仮説(こうすればうまくやれるはず)を信じ、自分を信じて、前に進む勇気が強まっていったのでした。

覚悟を持った決断。後輩達からはそう見えたかもしれないけど、実際はそんなにシリアスな話ではなく、その決断をした後の世界を純粋に見てみたかっただけかもしれない。その決断をしなかった「もしもボックス」の世界は絶対に見ることはできないから、誰にも正解なんて分からない。

誰でも、いつでも、自分の人生を自分で生きてゆく自由がある。勇気!覚悟!なんて必要以上に身構えなくても、自分が納得できるならそれが自分の人生にとっての正解。

起業3ヶ月経って、今までと変わらず皆んなに支えられて、自分らしく生きている自分がいます。今なら3ヶ月前の自分に「大丈夫、お前なんとかなるよ。やりたい事やれよ!」って言ってあげられる。これからも「なるようになる」と思って、セレンディピティ(偶有性)を楽しんでゆきたいと思います。

スタディツアー@フィリピン

起業後の初海外出張はマニラでした!決して里帰りではありません 笑。自分自身も9年前、34歳の頃にお世話になった早稲田ビジネススクールのNext Leader Program、指導教官の内田和成教授・事務局のサポートをしてきました。

直近2年間仕事で頻繁に訪れていたマニラの街に行くという事で、これは自分なりのお手伝いが出来るのではと思った次第。ビジネススクールの学生時代の当時、このプログラムの超大物講師陣からの講義で心に刺さったのは、

1.修羅場経験をどれだけ積めるか、

2.リーダーに必要なのは愛嬌、

3.戦略は細部に宿る(現場を知らなければ見誤る)、

という概念でした。サラッと書きましたけど、自分の中に結晶化され蓄積された深い学びです。30歳を超えてくるとそう簡単に学びを得られなくなります。仕事もそうだけと、生きる事に慣れてきてしまうからね。その意味で、早稲田ビジネススクールのこのプログラムは、自分のキャリアのブースターになったのは間違いありません。

今回、特にWer market、SARISARI(なんでも)ストアと呼ばれるフィリピン独特の小売店の現場視察も組み込んでありました。販売現場は勝手知ったる得意フィールドですので、現地ガイドさながらに 笑 ご案内。

現地では複数の会社にお邪魔させて頂き、経営、工場運営、営業活動を学ばせてもらいました。我々を取り巻く環境はどんどんグローバル化の波が広がっています。IT技術の進化や訪日外国人の増加もあり、今や日本国内向けの仕事をしている人でも、海外の事を知らないというわけにはいかない。

一方で、海外駐在員という経験を全員が出来るわけではないので、ビジネスリーダーにとっては新興国等に足を運び、そこにある日本との相違点に触れ、そこにあるリアルを感じる事の意味は大きいと思います。

僕自身の最大の気づきはQCD(Quality, Cost, Delivery)バランスの最適化について。マーケッターとして最も基本のフレームワークは4P(Product, Price, Place, Promotion)ですが、平均物価が日本の1/10、貧富の格差が大きい社会において、モノづくりのやり方も工夫の余地が沢山あります。特に品質過剰気味の日本人にとって、現場の空気感に触れる意味は大きいのではないでしょうか。

グローバル(含む中国)×商品開発というのがfreebeeの強みですので、今はコンサルタントは僕一人ですけど、、海外には足繁く行き来して価値創造のやり方を模索したいと思います!

 

心の器、心のキャパ

大手メーカーの駐在員というステータスを卒業して、起業家として生きて行く。前にも書きましたが、その選択の半分以上の理由は「今、社長という仕事をやりたいから」でした。

この前知り合いの編集者に「10年は待てないですよ。息子は10歳で亡くなったんだし」と話したら、「すごい自信家!あの企業で10年後に社長やるつもりだったの?」と爆笑されましたが、、結構本気だったけどね 笑。

でも、もう一つの大きな理由はやっぱり家族との関係性です。妻とは彼女が19歳の時から一緒にいますが、大学も同窓でI.Qは恐らく自分よりも高い彼女を(結果的に)、僕の人生に付き合わせるばっかりになってしまった。長男も旅だったし、そろそろ彼女を自由に世の中に送り出したいという気持ちはずっとありました。

僕はカンボジアやミャンマー、インドなどの新興国でビジネスをやりたいし、あわよくば住みたいという欲求を持っていました。でもそれは家族全員の統一意思ではありませんでした。広州とバンコクの2度の駐在で2度とも妻は体調を崩しました。広州の時はその理由の多くは亡くなった長男の育児・介護だったけど、それが無かったとしても、やっぱり駐在員の妻・ビジネスパーソンを陰で支えるみたいなステータスは、彼女にとっては人の人生でしかない。

そんな事をここ数年考えていた事もあって、彼女が自分らしく生きられるのはやっぱり日本だろうと、思い切って2人で新しいライフスタイルに飛び出してみたわけです。今、湘南・鎌倉に家族揃って住みながら、妻も僕も自由業、僕はアジア中心に出張で世界を飛び回る 笑、そんな生活がスタートしました。チャネラーの妻はその画像を数年前からイメージできてたらしいけど、、その話はまた別の機会に。

 

同世代のアラフォー日本人男性にとって、心の器の中に占める考え事の上位3位は、1位 仕事の事、2位 キャリアや自分の生き方の事、3位 家族の事(同点3.自分自身のプライベートの事)ぐらいの優先順位じゃないかと思います。僕はそうでした。

でもうちの奥さんは、1位 育児の事、2位 家事や炊事の事、3位 自分自身の生き方の事、4位 自分自身のプライベート・仕事の事、みたいな優先順位だと思うんです。育児と家事が2つに分かれる分だけ、男性よりも考えるべき大項目が1つ多くなります。物理的な時間よりも、心理的な負荷の大きさが課題です。

こうなると仕事の事とか、プライベートとかを考える余裕はなくなると思う。自分がやりたい事が何か、どう生きていきたいか、を考える心の器はあっても、心のキャパがそこまで間に合わなくなる。唯一この悩みを相談できるはずのパートナーは仕事の事やキャリアの事でキャパオーバー…。我が家の構造ではありますが、多かれ少なかれ、一般的な日本人の夫婦にも当てはまるのではないでしょうか?

僕がせめて育児と家事・炊事の一部を主体的にやろうと思ったのは、この構造に気づいてからです(遅いけど)。それが湘南でコンサルタントとして起業しつつ、ソーシャルビジネスを追求するという結論へと繋がりました。

育児と家事と言っても、中学生の息子のスポーツ・塾関係・進路関係、幼稚園の娘の送り迎え・お風呂当番ぐらい。全体の仕事量の2割ぐらいですかね。それでも妻にとっては心理的な負荷が軽くなり、心のキャパに余裕ができたと思う。

一番身近にいる女性活躍の為に、「男性の家庭進出」をN=1で実践する。お互いの心のキャパを考慮しつつ、お互いの心の器をうまく満たす。当社ソーシャルビジネスの検討の一環として、自分の身体を使って試してみています。これも1つの社会実験かもしれません。