カンボジアに決めた!

約1年ぶりにカンボジアに出張して来ました!起業前から興味のあった「クラタペッパー」の倉田さんにお会いして話を伺うのと、同時にカンボジア南部にある農場視察&収穫ツアーに参加する為です。

倉田さんは今から25年前、まだポルポト派の内戦の爪跡も残るカンボジアを訪れNGOに参加。その後、かつては世界一と謳われたカンボジアの胡椒を軸に農業起業にチャレンジされました。

社会起業家やソーシャルビジネスという言葉が日本で認知される前に、カンボジアでカンボジアの人達と一緒にビジネスを作り上げた方。

その苦労は私が簡単に語るべきものではないですが、今や日本にも倉田さんの胡椒のファンが沢山いらっしゃるまでになりました。本当に凄いです!!

倉田ペッパーHP

僕が企業勤めを辞めてソーシャルビジネスにチャレンジしたいと思った時、真っ先に頭に浮かんだのはバングラディシュで革製品を手がけている「Mother House」と倉田さんの胡椒でした。

今回倉田さんと僕を繋いでくれた案内役は渡辺さん。彼もカンボジアでマイクロファイナンス事業を運営し、現地の農家さん達を応援しています。ラグビー部の後輩のツテで繋がり、バンコクの飲み屋で数回意気投合した仲です。そんな点と点の繋がりで今回のツアーが実現しました。

僕は日本でも葉山の無農薬野菜農家さんとのコラボ、Shanti House活動等にチャレンジしていますが、せっかく見た目も中身もグローバル人材なんだから 笑、一つぐらいアジアでソーシャルビジネスを仕掛けたい。ずっと胸に秘めていました。

カンボジアとの接点はもう一つ。妻が東京外国語大学カンボジア科卒業なんです。彼女はポルポトの虐殺で苦しむ子供達を救いたいという気持ちでその言語を選び、20年前の大学生時代にカンボジアの田舎町にホームステイをした経験もあります。

彼女が今やっているShanti Houseの活動は「ひとりひとりががありのままに輝く社会へ」を謳っています。この活動は10歳で旅立った息子優大からの学びは勿論、彼女の中にずっとある「一人の人間を大切にする」という感覚がベースになっています。

大学卒業から20年の時を経て、今度は僕の方がカンボジアと繋がる。なんだか不思議なご縁です。今回の旅で倉田さん、渡辺さんとお話しさせて頂く中で、カンボジアでやってみよう!と決心しました。

カンボジアの市場に行くと、子供たちの眼がキラキラな事に感動します。見つめられるだけで涙が出そうになるくらいピュアな瞳。悲しい歴史を忘れられるはずがないのに、前を見て今を生きている子供達とその家族。僕自身がエネルギーをもらえます。

この国で、この国ならではの、この国の人とWIN-WINになれる事業を興したい。駆け出しの起業家に何ができるかは分かりませんが、今までに培った事業・マーケティングのスキルと経験を120%活用して、楽しく、真剣に取り組んで行きたい。

弊社のカンボジアでの活動に関しては、また折に触れて取り組み内容を紹介してゆきます。すぐに何かが形になるわけではないけど、じっくり寝かせながら大切に育てたいと思います。

できる事とやりたい事

先日、とある後輩から会いたいという連絡をもらいました。彼は超一流商社に新卒で入社し、2年間の海外駐在経験もある。その彼が20代後半にして、起業準備を見据えて会社を辞めると。驚きましたが、若いのに大胆で勇気ある選択に敬服です。

彼の興味はズバリ「どうやったら起業がうまくゆくのか」という事。まだ起業半年の僕が成功しているかどうかは置いておいて、少なくとも「起業して正解だった」と思っている理由ぐらいは伝えられます。

いつ頃から考え始めて、いつ頃から具体的な準備をし、どうやって営業先を見つけたのか、時系列で細かく説明しました。その時に使ったのが、この図。

ちょうど前日に頭の中を整理する為に作った図が役に立ちました。ブランドマネジメント、事業開発・商品開発、事業運営・マーケティング、コーチング・研修、カウンセリング・講演・執筆、人材活性化(人を勇気づける)、freebeeの周りに書いた最初の6マスから会社はスタートしました。

起業後、お世話になった先輩や取引先にご挨拶をして回った時、「こういう仕事も頼める?」なんて言ってもらう事がありました。僕も「出来ると思います。考えてみます!」という感じで、どんどん請け負う業務の幅が広がってゆきました。

自分自身では気づけていなかった事が、話しているうちに相手のニーズにマッチする事が分かって、それが仕事になっていった感じです。

半年経った今、最初の6マスから広がって、蜂の巣が大きく広がりましたが、最初からこういう絵をイメージしていたわけではないのです。点の出会いや点の仕事が繋がって、気がついたら蜂の巣が大きくなっていった。そんな感じです。

とある起業家の大先輩も「先ず仕事ありきだよね」と仰っていました。何がやりたいという想いも強いけど、先ずはお客様が何を求めいるかに向き合い、そして自分にできる事を一生懸命に、そこからがスタート。スティーブ・ジョブズの言葉で有名な、connecting the dots(点を繋ぐ)という概念がありますよね。

前に道がなくて、不安になる事もあるけど、自らの仮説を信じて道なき道を突き進んでゆくと、いつか自分が歩いた跡が道になるはず。

逆説的ですが、自分ができる事と自分がやりたい事は近しいのかも知れない。過去の経験が一番活かせて、自分が力を発揮できる事が想像できる。だからこそ、僕はチャレンジしてみようと思ったのかも知れません。

相談に来た20代の商社マンの彼は、まだ自分がやりたい事はぼやっとしているみたい。だから、自分にできる事を考えて、起業の仮説を100個作るようにアドバイスしました。

その作業の中で、自分の得意な事、自分の強みを活かしてやってみたい事が明確になって行くかも知れない。起業家を目指すと決めた彼にとっては、そんな風に起業のアイデアを練るのはきっと楽しい作業だと思います。数年後、彼が遠い異国の地で立ち上がる時には全力で応援したいと思っています。