優しさと慈しみの心

本日4月19日は我が家の大事な記念日です。8年前に10歳でお空に旅立った長男優大の命日、そして僕の誕生日でもあります。

毎年この日は、優大が好きだった温泉に行き、彼を慈しみつつ、家族も美味しい料理と温泉を楽しむ事を繰り返しています。

彼と過ごした経験のある次男、彼とは空の上でしか会ったことがない長女も含め、僕らはいつまでも4人で5人家族。

そんな風に家族のきずなを再確認する日、そんな命の日です。

 

優大の命は彼のもの

俺の命は俺のもの

命とは与えられた時間

 

与えられた時間を使って

自分のやりたいように生きる

 

身体がなければできない経験を積み

身体を使い切って

魂の故郷に帰る

 

命に長さは関係ない

命を味わったかどうか

人それぞれ自分の人生の主役

 

故郷では優大が待っている

いつか見た再会の夢は

自分の魂だけが知っている真実

 

優ちゃんと天国でハイタッチ!

太く短く生きた優ちゃんの分まで

僕も自分の命を生ききる

 

優大が旅立って8年になりますが、仏壇に手を合わせるといつも、守られている感じがします。

僕はいつだって一人じゃない、そう思えるからこそ、思い切って生きる事ができていると思う。

優大、僕に優しさと慈しむ心を与えてくれて、ありがとう!僕らはこれからも君のパワーを感じながら、楽しく生きてゆくよ。

最近お知り合いになった方にはご紹介していなかったので、妻と2人で書いた手記のリンクもシェアさせて頂きます。

いつもfreebee社と社長ブログを応援して頂き、ありがとうございます!

「優大とわたしたちの10年間の物語」